PROJECT―家が出来るまで

佐用スターリゾート
兵庫県佐用の高原の豊かな自然と星空が美しい事で有名な別荘の建物です。ロケーション、非日常を家族で楽しめるよう、コンパクトで求めやすい価格を追求した建築設計です。石組みで2戸を分けシンプルな中に安心感、クオリティーの高さを持たせています。景観を望む2階部分は南に角度を振り、オーバーハングにしデザイン性と庇の役割を兼ねる設計にしました。
佐用町は神戸都心に近いリゾート地です。新たに開発区域の分譲地に建売住宅を建てていきます。室内楽はその1件目(モデルハウス)を依頼されました。
敷地は見た目以上に高低差がある坂道となっています。写真は平均地盤面の検討をしています。
躯体が出来てきました。前面にパラペットの立上がりがあります。
上の写真を内部から見たアングルです。作用町の山々が一望できる寝室となる予定です。
合板を張ってだいぶイメージできるようになりました。パース通り2階部分は南方向へ首を振ったような形をデザインしています。
床は根太レス構法。コストダウンを図っています。一般的仕様であれば
1階から吹き抜けを見上げた状態。柱の延長に梁があり、梁の上に母屋、垂木と...構造がよくわかります。
断熱材を吹付しています。壁天井共に隙間なく断熱材を施工していきます。
本物件は建物を断熱材でスッポリ囲ってしまう計画です。外気に接する所はすべて断熱材を施工しなければなりません。

真ん中の梁の右側は平屋(その上が屋根)、左側は2階があるので断熱材の施工は省くことが出来ます。

工事も終盤。建築工事はほとんど終了し、内装工事が徐々にピッチを速めていきます。

大きく並んだ袋の中は砂利や石が入っています。

フラット35Sの検査にも合格し、竣工を迎えました。
引き続き、両サイドの工事が進んでいきます。
前面道路や敷地内の高低差が激しいので、建物の間に擁壁を造る予定になっています。
建売住宅ですが、一つひとつの住戸に変化を持たせた平面プランとしています。螺旋階段はこの住戸だけにしかありません。
基本的には同じ様な外観に少しずつ変化を持たせています。2・3棟目も同じくフラット35の適用を受けました。
完成写真はこちら→http://www.s-raku.com/works/mod-hoshi.html